不動産売却で提示される見積価格の捉え方

初めて不動産売却を行うケースでは、どのような段取りで進んでいくのか不安もあるでしょう。

不動産売却は不動産業者の仲介が一般的であり、業者選択から見積もりの流れについて知っておくと役立ちます。

不動産業者はネット検索を利用すれば幅広く探せる

不動産業者選びは、不動産売却において最初の関門です。

この部分をしっかり行うことで、最適な売却へとつなげていく期待ができます。

現在では、ネット検索によって、数多くの業者の中から探す方法がよく利用されています。

一括して業者に見積もりが取れるサイトもあれば、個別に不動産会社とコンタクトを取る場合もあります。

複数の業者に見積もりの依頼をすれば、それぞれの業者から連絡が入ります。

電話に出ることが面倒であったり、物理的に無理なケースもあるでしょう。

このような場合は、メールで連絡して欲しい旨を業者側に伝えておくと、煩雑さを避けることができます。

不動産価値は業者による実地検分で正確にわかる

不動産の見積もりに関しては、ネットを通じてすぐに取ることも可能です。

しかし厳密な見積もりを取ろうとすれば、業者による実地検分が必要です。

業者は実際にその不動産を確認することで、今の不動産状態を確認し、より正確な判断で見積価格を提示します。

見積価格には、幅を設けていることもあります。
その中から売却する側が希望する価格を選択することもできます。

見積価格には客観的な視点が大切

複数の業者に見積もりを取れば、それぞれの業者で価格に開きが生じる場合もあります。

必ずしも最も高い価格を提示した業者が最良とは限りません。

実際の不動産価値よりも高い見積価格であれば、その価格で売り出した時に買い手がつきにくくなる可能性もあります。

価格を下げれば早く売れる可能性はありますが、実際の不動産価値よりも安い価格で売却するのは損失です。

不動産会社のスタッフとよく話し合いながら、適切な売却価格を探っていくことが大切です。

不動産の買取か仲介かは利用者のニーズによって異なる

早急に不動産を売却したい場合は、不動産業者に買い取ってもらう方法もあります。

業者による買取は、すぐに現金化できる点がメリットです。しかし、仲介よりも売却価格は抑えられます。

急ぎの場合であれば業者による不動産買取は便利ですが、時間的な余裕がある人には不向きです。

所持する不動産の価値に見合った売却価額を目指す場合は、仲介による売却を考える方が一般的です。

まとめ

不動産の売却は、信頼できる不動産業者を探し、見積もりを取ることで実際の不動産価値を確かめることが重要です。

早く売りたいのか、ある程度時間をかけても構わないのかによって、実際の売り出し価格に違いも出てくるでしょう。

不動産業者と相談しながら、売却の希望時期も考慮し、価格の折り合いをつけていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です