不動産(投資物件)売却の経験談

不動産売却により少しでも利益が出す為に、私がした方法です。
当時 東京都区内にワンルームマンション1室を保有していました。訳あって売却するまでの行動が下記となります。

まず希望売却価格を出しました。

インターネットで所有していたワンルームマンションの売却履歴を調査しました。同じマンションなのに800万円ぐらい差がありました。

その中で一番契約された価格帯が一つの目安としました。これが客観的な価格となります。

次に自分が考える最低売却価格です。ローンがあったのか、頭金をいくら出したのか、過去月々の持ち出しは?築年数は?償却残高は?どのぐらい利益を乗せる?

それぞれを考慮して自分なりの最低金額を出してみます。そしてそれと上記で出した客観的な価格を自分の中ですり合わせして最終売却金額を出しました。

それから売却募集金額ですが、上記で決めた最終売却金額に対して50万円上乗せしました。

それは投資案件となる都内ワンルームマンションは、必ずと言っていいほど値引きを求められます。

その時に値引き出来る金額の幅をあらかじめ持って置くことが大事です。あまり高く上乗せ額を設定すると売れにくくなりますのでその辺が微妙です。

私はある程度早く売却したかったので50万円に設定しましたが、売却までの時間に余裕がある人だったら、もう少し高い金額からスタートしても良いと思います。

但し、過去の売却履歴より高すぎるとなかなか売れないかもしれません。
結果としては自分の希望売却価格で売却することが出来ました。もちろん購入検討者から値引きの打診がありましたが断りました。

断った理由は購入者が個人経営している社長さんだったからです。多分断っても納得してもらえると判断しました。

これが会社員とかだったらいくらか値引きしていたと思います。売却される方は、購入検討者がどういう属性なのかを事前に聞いて判断された方が良いと思います。

不動産売却価格は生き物ですので、何が正解だったかは分かりませんが、とりあえず上記のことをすることによりその後いくら高く売却された事例があっても自分自身に後悔が出にくい売却価格だったと納得出来ます。

次に仲介業者選定です。

私は自宅に売却仲介業者として郵送で送られてくるある程度大手と呼ばれる業者と専属契約しました。

上記で売却価格が決まっていますので、どこの業者に出してもそんなに変わらないと判断したからです。

訳の分からない小さい業者でそれが悪質業者だったら売却出来たとしてもあとあと問題となりそうでイヤだったからです。

又、悪質かどうかは自分では判断しにくいと感じたからです。

その仲介業者として決めた大手とは当時投資物件以外の不動産についてキャンペーンで商品券を配っており、交渉の結果私の投資物件にも適用してもらい6万円の商品券を頂きました。

募集してから約1.5か月で契約となりましたので、思っていたより早かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です